コンテンツにスキップ フッターへスキップ

ルーマニアのツアー: CGC 初の表彰台フィニッシュ

数か月のレースの後、新進気鋭の China Glory Cycling はさらに別のマイルストーンを達成しました。 ツアー オブ ルーマニアは、サイクリングで最高の Continental および ProTeams と競い合い、非常に挑戦的であることが証明されました。

ルーマニアブレイクアウェイのツアー

レース

ブカレストのサーキットでのレースシリーズの最終日でした。 このループはフラットで高速でした。 52kmのステージで優勝したダニエル・バボールの平均速度は時速49.43km。 レース中に離脱が発生し、チャイナ グローリー サイクリング チームの数人のライダーがギャップを埋めることができました。その XNUMX 人がチームのスプリンターであるマッテオ マルチェリでした。

ルーマニアマッテオのツアー

仕上げ

最後の数キロで、マルチェリは少し道を外れましたが、それでも表彰台に立つことができました。 ライダーはこう言いました。 XNUMX 位という結果は、可能な限り最高の結果でした。」 彼のパフォーマンスとチームのサポートについて、ライダーは次のように付け加えました。 それほど強いとは感じませんでしたが、ここルーマニアで最後の挑戦をしたいと思いました。

別の機会

チームは、マレーシアのツール・ド・ランカウイで別のレースを控えています。 マルチェリは、トップフィニッシュを獲得するための別の良い機会になることを強く望んでいます.

コメントを書く