コンテンツにスキップ フッターへスキップ

試作から製造まで、すべてのホイールを手作業で組み立てます。 人間がホイール製造の技術にもたらす経験と細部への細心の注意に勝るものはありません。

ホイール塗装

塗装は非常に複雑な工程で、リムの脱型後、研磨、各スポーク穴のバリの補修、塗装、研磨等、36工程を​​要します。

デザインハブ

ハブの性能はホイールセットにとって非常に重要であり、形状、サイズ、ベアリング、アルミニウムの鍛造、CNC 加工の精度など、これらがハブの性能に影響します。

デザインチーム

リムの内部構造を研究し、より滑らかな内壁、よりタイトなカーボンファイバー充填、最も合理的なカーボンファイバースタッキングを生み出すためのより多くの方法を探求する強力な開発および設計チームがあります。耐久性を向上させる方法を知っています。カーボンファイバーのスタッキングによるリムの包括的なパフォーマンス、剛性、ウィンドブレーキング。

リム製作

9台のリム成形装置があり、成形温度は300℃まで加熱できます。リムの月間生産量は、材料の準備から成形金型に入るまでの10,000 PCに達する可能性があり、プロセス全体が一定の温度でほこりのないワークショップです、各リムが十分に認定されていることを確認するために。

ユニークな樹脂

ホイールの安定性を高めるには、素材管理が根幹と考えています。そこで、東レから炭素繊維の原糸を輸入し、独自に研究開発した耐熱樹脂と混ぜ合わせて織り上げています。プリプレグですので、元からしっかりと品質管理を行っております。