コンテンツにスキップ フッターへスキップ

エアロベイクサイドとノーマルブレーキの違いは?

エアロベイクサイドとノーマルブレーキの違いは?

通常のブレーキ側はクリスタル研磨技術を採用していますが、ブレーキ側で扱う場合はクリスタルを使用してブレーキ側の表面を研磨し、ブレーキ側の表面をさらに粗くするため、バイクを制動するとブレーキ側が完全に接続され、滑りにくく、余計な音がしません。

AERO ブレーキ側は、クリスタル ブレーキ側の土台に表面排水トレイを追加し、濡れた滑りやすい路面での安全性を確保します。 ただし、その場合、ブレーキパッドとブレーキ側の接触面積が少なくなり、ブレーキパッドが消耗しやすいという欠点があります。

現在、それぞれ A4、A1、A2、A3 の 4 つのさまざまな AERO ブレーキ サイドがあります。 それらの違いは何ですか?

まず第一に、A1ブレーキサイドをお勧めします。その排水、ブレーキ性能、耐久性が最高です.他の3つのブレーキサイドと比較して、円弧状の排水トレイは、さまざまなテーラードカーボンファイバーグレインにも適しています. UD/3K/3K TWILL/6K TWILL/12K/12K TWILL とバサルト。

A2 はブレーキで最高の性能を発揮しますが、その弱点はブレーキ パッドを早く消費することです。 A2はUD織り専用です。

A3 と A4 のブレーキ性能は平均的で、多くの種類の織りに使用でき、ブレーキ パッドを速く消費しません。

濡れた滑りやすい路面を走行した後は、遅滞なくブレーキパッドを清掃してください。そうしないと、ブレーキパッドに小さな砂が付着し、ブレーキ側の表面が簡単に破壊され、ブレーキ側の表面が損傷します。過摩耗です。