コンテンツにスキップ フッターへスキップ

自転車にはどのような基本的なメンテナンスが必要ですか?

基本的な自転車のメンテナンスには、自転車を良好な状態に保ち、コンポーネントの寿命を延ばし、高額な修理を防ぐことで費用を節約するためのシンプルで効果的な方法が含まれます。この記事は、スムーズな走行を確保し、走行中のイライラする機械的問題を回避するのに役立つ詳細なメンテナンス ガイドです。知っておくべきことは次のとおりです。

4自転車にはどのようなメンテナンスが必要ですか

仕事に適したツール

自転車メンテナンスの旅は、適切なツールを用意することから始まります。基本的なタスクは、多くの場合、16 進キーなどの一般的なツールを使用して実行できます。ただし、メンテナンス作業によっては、自転車修理用に特別に設計された特殊なツールが必要になる場合があります。必要となる可能性のあるツールのリストは次のとおりです。

マルチツール

バイクポンプ

タイヤレバー

パンク修理キット

高品質の六角レンチのセット

トルクレンチ

チェーンブレーカーツール

チェーンチェッカー

タイヤのメンテナンス

タイヤの表面を確認する

良い乗り心地の基礎は、適切なタイヤケアです。まずは、タイヤにパンクの原因となる切り傷、破片、摩耗がないか点検してください。重大な損傷に気付いた場合は、地元の自転車店に相談または交換を依頼することを検討してください。これは乗車後に毎回行う必要があります。

タイヤの摩耗をチェックする

過度に摩耗したタイヤで走行しないことが重要です。何千キロも走行してタイヤが摩耗すると、ロードバイクのタイヤはパンクし、マウンテンバイクやグラベル タイヤはトレッドが失われます。このパンクとトレッドの喪失は、通常、後輪タイヤの方がずっと早く発生します。

推奨される方法は、前輪を後輪に移し、新しい前輪タイヤを取り付けることです。これにより、不要な新しいタイヤを購入する費用を節約でき、環境にも優しいです。タイヤのケーシングが少しでも見えた場合は、すぐにタイヤを交換する必要があります。ケーシングが露出していると、タイヤがパンクしやすくなります。

タイヤの空気圧をチェックする

定期的にタイヤの空気圧を確認してください。必要な空気圧は、タイヤの幅、ライダーの体重、状況、そしてある程度は個人の好みによって決まります。タイヤの空気圧を適切に保つことで、パフォーマンスが向上し、パンクのリスクが軽減されます。

ラテックス チューブやチューブレス タイヤなどの一部のタイヤ セットアップでは、ブチル インナー チューブよりも空気圧が早く低下することがあります。乗る前には必ずタイヤの空気圧をチェックしてください。また、乗るときや自転車で旅行するときは、ミニ ポンプを持参することをお勧めします。

圧力は温度に大きく影響される可能性があることに注意してください。午前中の涼しいときにタイヤに空気を入れ、午後の暖かいときに走行すると、タイヤの空気圧が高くなります。道路の温度は周囲の気温よりもはるかに高くなることがあります。外出時には気圧の変化に備えてください。タイヤの空気圧が高すぎるとパンクする可能性があります。リム ブレーキ タイヤは簡単に過熱し、ブレーキ パッドの摩擦により下降中に過剰なタイヤ圧力を引き起こす可能性があります。

1自転車にはどのようなメンテナンスが必要ですか

パンク修理

穴の位置を特定する

まず、バルブからタイヤのトレッドを点検し、パンクの原因となった可能性のあるゴミがないか確認します。また、サイドウォールに裂け目や穴がないか調べます。マイナスネジなどの工具を使用してゴミを取り除きます。driver またはペンチ。

インナーチューブを取り外します

チューブの空気を抜いて、タイヤレバーを使用して最初にタイヤのビード 1 つをリムから外してチューブを取り外します。

漏れを特定する

取り外したインナーチューブを膨らませて、漏れ箇所を特定します。音が聞こえない場合は、石鹸水を使用して漏れる気泡を検出します。または、チューブを膨らませて水に浸すこともできます。

チューブをパッチする

まず穴が開いた部分を乾燥させてからサンドペーパーでこすって、穴をあけた部分を準備します。パッチのサイズよりも広い薄い接着剤層を塗布します。次に、少なくとも 5 分間待ってから、穴にパッチを貼ります。パッチがしっかりと押し付けられていることを確認し、接着剤が乾燥するまで待ちます。

新しいパッチ キットの中には接着剤が不要なものもあります。これらのパッチ キットに付属の説明書を参照してください。

穴がパッチに対して大きすぎる場合、またはパッチキットをお持ちでない場合は、予備のチューブを使用して簡単に交換してください。

タイヤとリムテープを点検する

チューブを再挿入する前に、タイヤのケーシングとリムテープに新たなパンクの原因となる可能性のある損傷や破片がないか徹底的に確認してください。

タイヤを再装着する

チューブを挟まないように注意しながら、チューブとタイヤを再度取り付けます。バルブの反対側から始めて、タイヤのビードをリムに戻します。

修理と膨張を確認する

取り付け後、タイヤに少し空気を入れて、チューブが挟まれておらず、タイヤのビードが均等に収まっていることを確認します。挟まれている場合は、チューブが見えなくなるまでタイヤをマッサージします。完全に空気を入れ、必要に応じて圧力を調整します。

3自転車にはどのようなメンテナンスが必要ですか

Basic バイククリーン

きれいな自転車は見た目が美しいだけでなく、性能も良く、長持ちします。基本的な洗浄には、汎用の自転車クリーナーまたは石鹸、脱脂剤、スポンジ、ブラシなど、いくつかのアイテムだけが必要です。ブラシと脱脂剤は、チェーン、カセット、チェーンリング、ジョッキーホイールなどの汚れた部品に使用し、スポンジはフレーム、ハンドルバー、クランクアーム、ホイールに使用します。ホースがある場合は、クリーナーを塗布する前に、ホースで汚れを洗い流してください。ホースがない場合は、石鹸水の入ったバケツで十分です。

洗浄後は、バイクを乾かすことが重要です。汚れが広がらないように、油の付いた部品とバイクの残りの部分には別の布を使用してください。

Driveチェーン

チェーンの注油

基本的なメンテナンスの最後のステップは、チェーンの潤滑です。高品質の自転車チェーン潤滑油を少量ずつ塗布してください。多すぎると汚れが付着し、少なすぎると摩擦を十分に防げない場合があります。チェーンの内側に薄く均一に塗布してください。潤滑油はチェーンの各リンクにのみ塗布してください。その後、清潔なタオルまたは布で拭き取ってください。

チェーンの摩耗をチェックする

自転車のチェーンは、余分なゴミによって時間の経過とともに摩耗します。そして、時間の経過とともに長さが伸びます。適切なタイミングでチェーンを交換しないと、チェーンが伸びすぎて、クランクセットのカセットとチェーンリングが摩耗し、高額な修理費がかかる可能性があります。チェーン チェッカーを購入して、定期的に摩耗をチェックする価値はあります。

壊れたチェーンを修復する

走行中にチェーンが切れてしまったが、どのリンクも曲がっていない場合は、新しい結合ピンまたはクイック リンクを取り付けることで自宅に戻ることができます。チェーンブレーカー機能付きのマルチツールを持ち歩くのがベストです。リンクの一部が曲がっている場合は、チェーンを短くする必要があります。

6自転車にはどのようなメンテナンスが必要ですか

ブレーキ

各ブレーキキャリパーの上には、締め付けたり緩めたりしてブレーキパッドの抵抗を変えることができるテンショナーがあります。しかし、最も一般的なブレーキの問題は摩耗したブレーキパッドから生じており、これは簡単に新しいセットに交換できます。

リムブレーキ付きバイクの場合

パッドの摩耗を監視し、完全に摩耗する前に交換することが重要です。また、ブレーキ ケーブルが擦り切れておらず、適切な張力が維持されていることを確認してください。

リム ブレーキ パッドは、毎回の走行後に点検および清掃する必要があります。パッドに汚れやゴミが付着していると、ホイールセットのブレーキ面が急速に摩耗する可能性があります。リム ブレーキ パッドが滑らかになっている場合は、グリップとブレーキ性能を向上させるために、軽くやすりで磨いてから洗い流してください。

ブレーキパッドを交換する場合、合金ブレーキパッドはブレーキ表面に回復不能な損傷を与えるため、カーボンホイールには使用できないことを理解してください。

現在販売されているほとんどのロードバイクはディスクブレーキを使用していますが、Elitewheels は 初歩的な および 保険料 リムブレーキロードバイクホイール。ブレーキ性能を向上させるためにレーザーエッチングされたブレーキ面を備え、重量はわずか 1255グラム ペアのために。

ディスクブレーキ搭載車の場合

ディスク ブレーキ パッドの状態を定期的にチェックして、十分な寿命が残っていることを確認してください。専用のディスク ブレーキ クリーナーを使用して、ブレーキを汚染物質から守り、キーキーという音を防いでください。

油圧式ディスクブレーキを装備している場合は、ブレーキ液を抜き取って交換しなければならない場合があります。これは複雑な作業なので、地元の自転車店で行うことをおすすめします。

リム ブレーキと同様に、Elitewheels は多くのエントリーレベルおよびプロレベルのディスク ブレーキ ロード ホイールを提供しています。 グラベル, MTB, TTオプション

機械式ブレーキの調整

油圧式ではなく機械式のディスク ブレーキやリム ブレーキでは、ブレーキ自体に取り付けられたバレル アジャスターで調整できます。ブレーキケーブルを引っ張ると、時間の経過とともに伸びる可能性があります。リムブレーキが摩耗すると、リムブレーキが薄くなるのでブレーキをリムに近づける必要があるため、調整が必要になる場合があります。

ブレーキケーブル

機械式ディスクブレーキおよびリムブレーキバイクでは、ブレーキケーブルとケーブルハウジングを定期的に交換することをお勧めします。これにより、ブレーキがよりスムーズになり、バイクが新品のように感じられます。地元の自転車店で行うことをお勧めします。

7自転車にはどのようなメンテナンスが必要ですか

シフターとディレイラー

ブレーキ ケーブルと同様に、シフター シフト ケーブルも交換する必要がある場合があります。

機械式グループセット

機械式グループセットはケーブルを使用してディレイラーをシフトします。ブレーキ ケーブルと同様に、これらのケーブルは時間の経過とともに伸び、汚れたり錆びたりする可能性があるため、交換する必要があります。シフター ケーブルを交換すると、自転車が新品のように感じられます。地元の自転車店で交換することをお勧めします。

ブレーキ ケーブルも時間の経過とともに伸びる傾向があるのと同様に、ディレイラー ケーブルも同様です。シフトの問題が発生した場合は、ディレイラーのバレルアジャスターを使用してギアのインデックスを作成する価値があるかもしれません。これは、時々バレルアジャスターを時計回りまたは反時計回りに回して微調整する必要があります。

ワイヤレスグループセット

ワイヤレス グループセットが優れた代替選択肢となる理由は、ケーブルを移動する必要がないことです。これらは基本的にインストールして忘れるソリューションであり、時間の経過とともにシフトが低下することはありません。もうケーブルを交換する必要はありません。

ただし、考慮しなければならないことが 1 つあります。他の電子機器と同様に、ワイヤレス グループセットには充電する必要があるバッテリーが必要です。ワイヤレス グループセットには、数千回のシフトに使用できるバッテリーが搭載されています。走行中のバッテリー切れを防ぐために、時々バッテリー残量をチェックすることをお勧めします。

引き締め Bオルツ& S乗組員

ボルトは振動による張力に耐えられるため、自転車の機械部品を組み立てる際に欠かせません。安全性を高めるには、ワッシャーを使用して両側からボルトを締めます。自転車のボルトは通常、両端にナットがねじ込まれているため、適切なレンチのセットを用意しておくことが重要です。さらに、ウォーターボトル ホルダー、バスケット、ラックなどの二次的な付属品にもネジが使用されています。必要に応じてこれらを調整するために必要なツールを用意してください。

2自転車にはどのようなメンテナンスが必要ですか

まとめ

定期的なメンテナンスは、バイクの寿命を延ばすだけでなく、ライディング体験も向上させます。バイクのメンテナンス方法を学ぶことは、長い道のりであることを忘れないでください。メンテナンス セッションごとに、バイクの仕組みに関する理解を深め、問題をトラブルシューティングする能力を向上させ、修理に対する全体的な自信を高める機会が得られます。