コンテンツにスキップ フッターへスキップ

悪天候時のサイクリングのヒント

サイクリングにおいて悪天候での走行は避けられないものです。風、雨、雪、暑さのいずれに直面しても、状況をより効果的に管理し、おそらくその挑戦に楽しみを見つけるのに役立ついくつかのヒントを以下に示します。

悪天候下でサイクリングするための 2 つのヒント

戦略的なルート計画

路面を考慮する

ロードライディング

横断歩道、塗装された線路、金属カバーなどの滑りやすい表面には細心の注意を払ってください。濡れた状態では危険なほど滑りやすくなる可能性があります。滑りやすい路面ではブレーキをかける際に注意してください。フィッシュテールの可能性を減らすために、主にフロントブレーキを使用してブレーキをかけることをお勧めします。

グラベルライディング

さまざまな気象条件下で、お住まいの地域の砂利道がどのように動作するかに注意してください。過度にぬかるみ、タイヤが詰まる可能性があるルートは避けてください。泥があるとライディングが不安定になる場合もあります。

マウンテンバイクに乗る

濡れてぬかるんでいるシングルトラックトレイルでのマウンテンバイクの走行は避けてください。トレイルが損傷し、浸食が促進され、事故の危険性が高まる可能性があります。

検出 水害

水たまりと洪水: 溜まった水は欺瞞的で危険な可能性があり、自転車に損傷を与えたり怪我を引き起こす可能性のある深いポットホールや鋭利な物体などの危険を隠します。続行する前に、必ず経路を変更するか、水深と内容物が安全であることを確認してください。水深の判断が難しく、乗馬が不可能になる場合があります。

Sテイ 近く 避難所へ

避難所に素早くアクセスでき、悪天候時には交通量が予測できない可能性があるため、交通量が少ないルートを選択してください。悪天候は視界の欠如につながる可能性があり、道路は自転車利用者にとって潜在的に危険になります。突然の嵐に見舞われた場合にすぐに避難できるように、周囲の状況を十分に把握してください。コーヒーショップから地下道まで何でも構いません。

変更する R外出 D動的に

強風の状況に備えて、森林地帯や都市部など、風から身を守ることができるルートを探すことができます。長時間向かい風にさらされないように、頻繁に方向を変えることもできます。

速く進むためにはゆっくり進む

悪天候で状況が悪化する可能性があるので、できるだけ早く行こうとするのではなく、時間をかけて賢く行動してください。

横滑りを避ける

降雪または雨天では、晴天に比べて停止距離が 2 倍になる可能性があります。一時停止標識や交差点に近づくときは、安全にブレーキをかけ、横滑りを防ぐための十分なスペースを確保してください。後輪がロックする可能性を減らすために、主にフロント ブレーキでブレーキをかけてください。ロックすると、不安定になって尾行が発生する可能性があります。ディスクブレーキは濡れた状態ではより効果的に停止することに注意してください。特に悪天候での走行に慣れていない場合は、慎重にブレーキをかけることをお勧めします。

ドン'風と戦うな

向かい風では、いつものスピードを維持しようと頑張りすぎて疲れてしまいます。スピードとペースを維持することに集中するのではなく、パワー出力に注意を移してください。ほとんどのライディングは話すペースで行うことをお勧めします。つまり、話すことはできますが、歌うことはできません。これは、どのくらいの強度でライディングしているかを測る良い方法です。長距離ドライブで会話が難しい場合は、無理をしすぎている可能性があります。

夏の天候に適応する

夏の間、気温は早朝、特に日の出前に最低になる傾向があります。通常、この時間帯は湿度が高く、午後になると湿度が下がります。一日の中で最も暑い時間帯のサイクリングは避けてください。このような状況で乗りたい場合は、体を調整することが重要です。高温に慣れるまでに丸2週間かかることもあります。

悪天候下でのサイクリングに関する 1 つのヒント

ホイールとタイヤの選択

幅広のタイヤに乗る

厚いトレッドを備えた幅広のタイヤに乗ると、トレッドが増えるとトラクションが向上するため、雪、水、砂、土の中を走るときに役立ちます。地域によっては、多くのライダーが雪の多い季節には特別に設計されたスタッドタイヤを選択したり、特に危険な日にはマウンテンバイクに乗り換えたりします。グリップを高めるために、タイヤの空気を約 5 ~ 10% わずかに抜くことを検討してください。ただし、気温が低いとタイヤの圧力が低下するため、空気の抜きすぎには注意してください。温度が上昇すると逆効果になります。

適切なホイールリムの深さを選択してください

悪天候下では、ホイールに適切なリムの深さを選択することが重要になります。通常 50mm を超える深いリムは、風の強い日には空力学的に利点がありますが、強い横風では安定性が低下する可能性があります。 25mm ~ 45mm の浅いリムは安定性が高く、一般に濡れた状態や特に風の強い状態に適しています。リムの深さを選択する際は、最適なパフォーマンスと安全性を確保するために、地域の横風や気象条件を考慮してください。

Elitewheel は、さまざまな種類の走行条件に合わせて設計されたカーボンファイバー ホイールを提供します。

ロードホイール

Drive ロードホイールが UCI の承認を受けており、空気力学と軽量性のバランスが優れています。リムの深さは複数あります。 Drive 横風に強い U/V リムプロファイルを備えた 40Ds。ディスクブレーキバージョンのホイールのリム内幅は 21mm なので、より幅広のタイヤに乗ることができ、快適性が向上するだけでなくグリップ力も向上します。

グラベルホイール

と同じように Drive 道路の車輪、 Drive G45 グラベル ホイールセット あらゆる気象条件で優れた性能を発揮します。横風に強いです。 G45 は二重壁の防水ハブも備えています。 24mm のリム内幅により、より幅広のグラベル タイヤに乗ることができ、快適性が向上するだけでなく、グリップ力も向上します。

乗車後は毎回タイヤを点検してください

雨水はさまざまなゴミを道路に運び込む傾向があり、濡れたタイヤに通常よりも多くの汚れが付着します。したがって、乗るたびにタイヤにフリント、ガラス、その他の破片がないか点検することが賢明です。さらに、タイヤの構造を損ない、パンクにつながる可能性のあるタイヤの切れ目を探します。

悪天候下でサイクリングするための 3 つのヒント

適切なギアを持参してください

Pあなたのフェンダーは 自転車

泥や雨水がかかるのを喜ぶ人はいません。湿った雪や雨の中でサイクリングする場合、自転車にフェンダーを取り付けることは、あなたと近くのライダーや歩行者の両方を守るため、非常に重要です。

雨が止んでも路面が濡れている場合があります。ホイールによって跳ね上げられた汚れた水が体を浸し、寒くて不快に感じることがあります。フェンダーは足、下肢、背中をこの汚れから効果的に保護し、体をよりドライで清潔に保ちます。

W耐水性

アウトドア愛好家は、特に寒い季節には手足が十分に保護されないことが多いため、重ね着の重要性を理解しています。濡れた場合でもブレーキを快適に握ることができるように、サイクリング専用の手袋を着用してください。

高品質の防水サイクリング ジャケットは、雨の中のサイクリング中に乾いた状態を保ち、体温を調節するために非常に重要です。過熱を防ぐために、通気性のある素材で作られたジャケットを選択してください。

雨天では視認性が大幅に低下する可能性があるため、反射性の服を着用すると背景から目立つようになり、安全性が向上します。

1_1悪天候時のサイクリングのヒント

Q高品質の目の保護

悪天候下では目を保護することが重要です。雨や雪が溶けると、車や他のバイクからの飛沫が発生し、視界が著しく損なわれる可能性があります。さらに、冬の間は、一見心地よく晴れた日であっても、雪に覆われた地面は光を強く反射し、視界を損なうことがあります。これらの課題に対処するには、鮮明な視界と安全性を確保するために、高品質のサングラスや保護メガネに投資することを強くお勧めします。

サイクリングキャップ

ヘルメットの通気口は暑い季節には効果がありますが、雨の場合はあまり効果がありません。シンプルなサイクリング キャップをヘルメットの下にかぶると、頭を効果的に保護でき、その頂点が飛沫から目を保護します。さらに、顔に雨がかからないように、自転車ヘルメットの下にバイザー付きの帽子を追加することを検討してください。

衛星 Cコミュニケーター

地方で緊急通報するには衛星コミュニケータが不可欠です。これは、危険な状況に陥った場合や、危険な状況に陥った場合に助けを求める手段を確保するために、常に携行しておくべき重要なツールです。

ライト

嵐、暗闇、霧、または雨の状況では、自転車にライトを装備すると、道路上でより目立つようになります。フロントライトは前方の道路や道を照らし、薄暗い場所では見えにくい潜在的な危険を明らかにします。フロントとリアの両方のライトも点灯し、作業が容易になります。 driveあなたを見つけてください。

自転車の前部には 500 フィートから見える白いライトを使用し、後部には 600 フィートから見える赤いテールライトを使用します。高い視認性を維持することが不可欠です。

W耐熱ビニール袋

大切なアイテムを守るために注意してください。防水ではないものを入れる場合は防水バッグを使用し、適切に密閉されていることを確認することが重要です

水分とカロリーを十分に準備してください

特に極端な気象条件では、必要と思われるよりも多くの水とエネルギー豊富な食料を常に携行してください。これにより、遅延や風雨に長時間さらされた場合でも、水分補給と活力を保つことができます。

ライドに必要と予想される水分とカロリーの少なくとも 1.5​​ 倍を常に詰め込んでください。十分なカロリーと電解質を確実に摂取できるように、ジェルやエネルギーバーなど、入手しやすく消費しやすいスナックを選びましょう。

水分補給は、高温下や運動中全般に重要になります。サイクリング 16 時間あたり、少なくとも 150 オンスのウォーターボトルを 16 本摂取することを目指してください。ただし、体が大きい場合、または特に要求の厳しいルートを移動する場合は、より多くの荷物を運ぶことを検討してください。たとえば、体重 500 ポンドのサイクリストは、XNUMX 時間あたり少なくとも XNUMX オンスまたは XNUMX ml のボトルを XNUMX 本飲む必要がありますが、体重が重い場合や、困難な道を走行している場合は、XNUMX 時間あたり最大 XNUMX 本のボトルが必要になる場合があります。

2_1悪天候時のサイクリングのヒント

ライドを維持する

自転車をきれいにする

雨の日の走行後は、すぐにシャワーを浴びて体を乾かすのと同じように、自転車のチェーンにも同様のケアが必要です。露出した部分は必ず石鹸と水で洗ってください。寒くて湿気の多い状況では、ライダーの汗は蒸発しにくくなる傾向があります。汗や近くの海水域からの塩分は、ボルトや、チェーン、シフター、カセット、ディレーラーなどのデリケートなグループセット部品の金属を腐食させる可能性があります。これらの部品は必ず徹底的に洗浄してください。

チェーンディグリーザーを使用する

まずチェーンに脱脂剤を塗布し、乾くまでウエスでしっかりと拭きます。これにより、チェーンの寿命が大幅に延長されます。チェーンをきれいに保つことが重要です。カセットについても同じことを行う必要があります。また、脱脂剤がハブ、ボトムブラケット、ホイールリム、ブレーキパッドにつかないようにしてください。

チェーンに注油する

チェーンとカセットを減らし、デデューサーを水で洗い流した後、チェーンが乾いていることを確認し、バイク専用のワックスまたはオイルを塗布してください。濡れた状態ではウェットチェーンルブを使用してください。乾燥した状態では、ドライチェーンルブを使用してください。

まとめ

これらの詳細な戦略をサイクリングのルーチンに組み込むことで、安全を確保し、悪天候下でのライディングの挑戦を楽しむことができます。準備を整え、安全を確保し、サイクリング アドベンチャーの一部として自然を受け入れてください。