コンテンツにスキップ フッターへスキップ

カーボンホイール vs アルミホイール: アップグレードに最適な選択

カーボン vs アルミニウム1

概要

カーボンホイールとアルミホイール(合金ホイールとも呼ばれる)の論争は、これまで決まりきったものです。それぞれには特定の利点があり、異なるライダーにアピールしています。アルミホイールは手頃な価格で知られています。対照的に、カーボンホイールはより軽く、より空力的で、より反応が良いが、高価になっています。結果から言うと、選択は個人の好みやライディングスタイルによります。最も重要なのは、自分が楽しめるホイールを選ぶことです。

この記事では、特に乗り心地、重量、空気力学、剛性、外観などの違いについて説明します。

カーボン vs アルミニウム2

乗り心地・快適性

アルミホイールとカーボンホイールのどちらを選ぶのか、その共通の考えるべきなのは快適性です。長時間の使用に耐えられなければ、せっかくのホイールも意味がないです。

垂直コンプライアンス

カーボンホイールはアルミホイールよりも乗り心地が硬いという誤解があります。実際はこの二種類のホイールは感知できるほどの差別がありません。最も剛性の高いホイールと最もコンプライアンスの高いホイールの間の垂直方向のコンプライアンスは1mm程度であり、通常のライディングコンディションでもホイールは1/10センチしかたわまないです。ディープホイールは快適性が低いと感じられるかもしれないが、この主観的な感覚は、ホイールの音の共鳴など無関係な要因に関わっています。

タイヤの選択

ホイールの快適性を高めるのはホイール自体ではなく、タイヤです。より大きく幅広のタイヤは、自転車の快適性を提供します。 32mmのタイヤと比べて、23mmのタイヤの空気量ははるかに少ないため、32mmタイヤより高い空気圧まで入れる必要があります。幅広のタイヤの圧力が低いため、段差や凹凸のある路面を走行する際の衝撃吸収性が高まります。

カーボン vs アルミニウム3

軽量かつ空気力学

カーボンホイールはより丈夫

カーボンファイバーのレイアップ、使用されるカーボンと樹脂の種類、製造工程に基づき、カーボンファイバーは非常に軽量で剛性が高く、強靭に設計することができます。高い強度対重量比で知られるカーボンホイールは、同等のアルミ製ホイールよりもはるかに軽量で高剛性であることが多いです。軽量で剛性が高いため、バイクの加速とハンドリングが向上されています。このため、登り、スプリント、コーナリングを強化する競争力を求めるライダーにとって、カーボンホイールは最適な選択肢です。

リムハイト選択

アルミホイールとは対照的に、カーボンホイールは低い部分(約25mm)から高い部分(88mm)まで幅広いハイトがあります。リムが高いほど、空気力学が良くなります。高いリムプロファイルにより抵抗が減少し、特に平らな地形、起伏のある丘、または下り坂でエネルギーを節約します。良好な空気力学の鍵は、ホイール表面での空気の剥離を最小限に抑え、付着した空気の流れを長く維持することです。

これは、より深いホイールを使用することで最も効果的に達成されます。空力を優先するトライアスロンやタイムトライアルのライダーは通常、入手可能な最も深いホイールを使用しますが、さらに優れた空力を求めてソリッド「ディスク」後輪を選択する人もいます。ただし、リムの深さの選択は、多くの場合、空気力学と重量のバランスをとる必要があります。

予算が限られている方

アルミ製のホイールは、一般的に低いリムの形状をしています。アルミホイールは、安価な自転車の純正ホイールとして使われることが多く、また、比較的安価なため、トレーニングホイールや悪天候時の走行用として使用するライダーもいます。

カーボン vs アルミニウム4

剛性 

カーボンホイールもアルムホイールも、垂直方向のコンプライアンスと剛性は同程度でありますが、横方向の剛性は異なります。カーボンホイールは、カーボンファイバーの方向特性により、特に横方向の剛性が高くなるように設計されています。この高い横方向の剛性は、負荷がかかってもたわみにくく、ライダーの力を前方の動きに向けることができます。一方、横方向の剛性がそれほど高くないアルミ製ホイールは、加速時やコーナリング時にバイクの反応が少し悪く感じられるかもしれない。

耐久性

カーボンホイール

耐久性から見ると、カーボンホイールは高い引張強度を持つため丈夫になっています。カーボンホイール技術の進歩により、その靭性と信頼性は大幅に向上しています。カーボンホイールがプロレースに出場できるには、自転車競技統括団体であるUCIが設計したUCI垂直落下テストに合格しなければなりません。Elitewheelsのロード、グラベル、TT、MTBホイールは、UCI認定を受けるための基本条件をはるかに超える衝撃強度を備えています。

アルミホイール

アルミホイールは耐久性に優れ、費用対効果も高いため、マウンテンバイクなど一部のライダーに好まれている。アルミホイールメンテナンスが簡単で、交換費用も安く済みます。

カーボン vs アルミニウム5

外観

フレームと同様、ホイールもバイクの外観を劇的に変えることができます。アルミホイールのクラシックな外観を好む人もいるが、ディープセクションのカーボンホイールにも顕著な特徴があります。バイクの外観は主観的なものであることですが、カーボンファイバー構造で使用される様々な表面仕上げ技術が、非常に魅力的なホイールを生み出すことは否定できません。

コストパフォーマンス

なぜカーボンは高価なのか

一般的に、カーボンホイールはアルミホイールより高価になる傾向があります。カーボンホイールの材料費、設備費、人件費は、アルミホイールよりもはるかに高いです。カーボンファイバーとカーボンプリプレグは、製造コストが高く、カーボンホイールはまた、手作業で成形しなければなりません。アルミホイールの製造工程は基本的に自動化されており、リムは機械によって成形されて、ホイールビルダーも通常、機械化されている。

決断する

上記の理由から、一般的にカーボンホイールはアルミホイールよりもはるかに高価だが、実はすべてのカーボンホイールとアルムホイールが同じというわけではない。昨今では、サイクリング・アクセサリーやコンポーネントの選択肢は非常に多くで、多くの人々が選択困難症候群も出るぐらいです。あまりに多くのブランドがあるため、どれが良い製品だけでなく、保証や連絡しやすいカスタマーサービスも提供しているのかを知るのは難しいかもしれません。

Elitewheelsカーボンホイール

私たちに関して

Elitewheels は、カーボンファイバー・プリプレグ、樹脂、リム、ホイールセット一式を自社で設計・製造しています。これにより、コストを削減することができます。各ホイールには、3年保証、クラッシュ交換、送料無料、グローバルサービスセンターネットワークが付属しています。

ロードホイール

エントリーレベル Marvel カーボンホイールセットペアでわずか 599 ドルから、セラミックベアリングとPillarポークが付属しており、オプションでSapim CX Ray スポークにアップグレードできます。ディスクブレーキとリムブレーキ両種類があります。

Marvel 50D

本サイトの Drive ロードホイールセット、価格は1169ドルからで、ペアの重量はわずか1260gです。他のホイールより300〜400g軽くなっています。当社独自のハイグレードカーボンファイバー、交換可能なフルカーボンスポーク、セラミックベアリングを備えています。ディスク ブレーキとリム ブレーキの両方のオプションがあり、現在6つのUCIコンチネンタルプロサイクリングチームが使用している。

DRIVE 40D

最後のホイールは、 Velo Six。ご想像のとおり、6本スポークを備えたフルカーボンのモノコック ホイールセットです。スターラチェットハブを採用しています。ホイールセットは非常に剛性が高く、空力特性に優れているため、高速走行や平地でのスプリントに最適です。

Velo Six Disc

グラベルホイール

ロードホイールと同様に、Elitewheels はさまざまなグラベル用ホイールセットを提供しています。エントリーレベル Marvel G35グラベルホイールセット初心者に最適なホイールです。スチールスポークのゴールドスタンダードであるSapim CX Raysを採用しています。また、セラミックベアリングを採用し、転がり抵抗を低減しています。

Drive G45CS(1300g)および Drive G45SS(1370g) はそれぞれカーボンスポークとスチールスポークを備えています。交換可能なカーボンスポークは、重量を軽減しながら横方向の剛性を向上させます。どちらのホイールも、レースに興味がある人や高性能バイクを所有している人に最適です。

Drive Six Gravelは、より剛性が高く空力的なフルカーボンモノコックデザインを採用したユニークなグラベルホイールセットです。注目を集めそうな印象的な外観です。

MTBホイール

29er Gnar トレイル プロ ハブ3

Elitewheels は 3つ異なるシリーズの MTB ホイールを提供しています

Pro シリーズのホイールセットは、29er と 27.5 インチのオプションを準備しています。これらのホイールにはすべて、信頼性が高くメンテナンスが簡単なスターラチェットハブが付属しています。乗り方に応じてさまざまなモデルがあります。 XC、Trailからオールマウンテン、エンデューロまで、あらゆるシーンに適したアイテムを取り揃えています。

29er Gnar Trail PR320 ポイントを備えた爪ラチェットスタイルのフリーハブ機構を備えています。立ち上がりが早いのでテクニカルなライディングに最適です。スターラチェットオプションもあります。 29er Gnar Trail SR。爪ラチェットバージョンは eMTB にも適しています。

TT/トライアスロンホイール

トライアスロンやタイムトライアル選手向けに、ディスクブレーキとリムブレーキの両方のリアフルホイールと、ディープリム 82mm のフロントホイールを提供しています。これらのホイールは、当社がスポンサーしているUCI コンチネンタルチームによって使用されており、最も競争力の高いプロツアー レースにも出場しています。

結論:

カーボンホイールとアルミホイールの選択には、乗り心地、重量、空力、スピード、エネルギー効率、テクノロジー、剛性、外観など、さまざまな要素を考慮する必要があります。カーボンとアルミの両方に利点があり、最適な選択は特定のニーズと好みによって異なります。それらの背後にある違いを理解することで、情報に基づいて決断して、サイクリング体験を最適に高めるホイールを選択することができます。

コメントを書く

新規会員特典
※ご登録情報は非公開となり、第三者に開示されることはありません。
(サマーセール期間中は20ドルお得になります)*お一人様XNUMX点限り
登録して1000ポイントを獲得しましょう
新規会員特典
(サマーセール期間中は20ドルお得になります)*お一人様XNUMX点限り
登録して1000ポイントを獲得しましょう