コンテンツにスキップ フッターへスキップ

ブレーキシューとブレーキ面のメンテナンスとクリーニングガイド

Drive 50V ブラックハブ-2

ハウツーガイド

効果的なブレーキは自転車の基本的な安全コンポーネントであり、そのシンプルさと信頼性により、リムブレーキは依然としてサイクリストの間で人気の選択肢です。 リムブレーキが最適な機能を発揮するようにするには、ブレーキシューとブレーキ面の両方を定期的にメンテナンスしてクリーニングすることが不可欠です。この記事では、ホイールとブレーキシューを長持ちさせるために、リムブレーキを最高の状態に保つプロセスについて説明します。

Elitewheels は幅広い選択肢を提供しています リムブレーキロードホイール。 エントリーレベルから Marvel ホイールセット プレミアムレベルへ Drive ホイールセット、すべてのライダーに何かがあります。 リム ブレーキ ホイールとリム ブレーキ パッドを適切にメンテナンスおよび清掃する方法を詳しく見てみましょう。

1. ブレーキシューを定期的にチェックしてください。

  • 乗る前にブレーキシューの摩耗や汚れを点検してください。 ブレーキ効率を維持するために、摩耗したシューをすぐに交換してください。シューが汚れているとカーボンブレーキ面が損なわれる可能性があるため、クリーニングも大切です。メンテナンスされたカーボンブレーキ面は数万キロメートルも持続するはずです。 ブレーキシューを頻繁にチェックしないと、汚染物質によりリムに永久的な損傷が生じる可能性があります。
  • ブレーキ性能を低下させる可能性があるため、シューに油、汚れ、破片などの異物が付着していないか確認してください。 シューの表面に油があると、シューがリムをきちんとグリップできなくなり、ブレーキングが危険になる可能性があります。 汚れや破片はブレーキ面に永久的な損傷を与え、ホイールの寿命を縮める可能性があります。

2. ブレーキシューのクリーニング:

  • ブレーキシューを洗浄するには、イソプロピルアルコールまたは低刺激性の脱脂剤を使用してください。 清潔な布に塗布し、シューのブレーキ面を優しくこすり、汚れを取り除きます。 脱脂剤を使用してブレーキシューを洗浄する場合は、ベアリングに損傷を与え、性能が低下する可能性があるため、ハブに接触しないように注意してください。
  • また、ブレーキシューを損傷する可能性があるため、刺激の強い化学物質や研磨材の使用は避けてください。
ブレーキパッド

3. 正しいブレーキシューを使用します。

ブレーキシューはカーボンホイール用とアルミホイール用の区別があります。アルミホイール用に設計されたブレーキシューは、絶対にカーボンホイールに使用しないでください。カーボンホイールのブレーキ面にダメージを与える可能性があります。Elitewheelsは、すべてのリムブレーキカーボンホイールセットにカーボンブレーキパッドを同梱しています。他のメーカーが作れたカーボンホイール用ブレーキシューも使えます。弊社はSwissStop Black Princeブレーキシューをお勧めします。優れたブレーキ性能と制動温度が低いことで、ホイールが長持ちになります。詳しいことはカスタマーサービスまでお問い合わせください

4. シューを擦るか、研磨します。

  • 時々、細かいサンドペーパーや専用のパッドメンテナンスツールでブレーキシューの表面をこすってください。 これはガラスの除去に役立ち、ブレーキ効率が向上します。 カーボンホイール用のブレーキシューは、過度の擦り傷が発生しないように注意してください。また、過度に研磨すると表面が削り取られすぎて寿命が短くなる可能性があります。

5. トーイン調整:

  • ブレーキシューとリムが正しく位置合わせされていることを確認してください。 ブレーキレバーを握ると、ブレーキシューの前部が後部より早くリムに触れるはずです。 この「トーイン」調整により、鳴きが防止され、ブレーキ効果が向上します。 もし、ブレーキシューの後部が早く接触すると、ブレーキ音が鳴る場合があります。 カーボンホイールのブレーキ性能も悪い影響を受ける可能性があります。
drive 65v リムブレーキエリートホイール カーボン スポーク リム ブレーキ ホイールセット

6. リムの検査:

  • リムの摩耗や損傷を定期的に確認してください。 凹面形状や深い溝などの摩耗したブレーキ面は、ブレーキ性能の低下につながる可能性があるため、交換する必要があります。

7. ブレーキ面の清掃:

  • リムのブレーキ面を糸くずの出ない清潔な布または専用のリム ブレーキ クリーナーで拭きます。 リムに残留物が残らないようにしてください。
  • 頑固な汚れには、中性の研磨パッドまたは専用のリム ブレーキ クリーニング ツールを使用してください。 リムを傷つけないように優しく扱ってください。

8.潤滑:

  • ブレーキ性能を損なう可能性があるため、リム ブレーキシューやブレーキ面への潤滑は避けてください。 潤滑剤をこれらの領域から遠ざけてください。 オイルが付着したブレーキ面は石鹸と水で洗う必要があります。 オイルは汚染物質を引き寄せる可能性があり、下り坂、渋滞、その他の走行状況でのブレーキ時に危険を及ぼす可能性があります。 ブレーキが不安定になったら、重大な傷害につながる可能性があります。
週刊サイクリング記事 Drive 50V

9. ブレーキシューの交換:

  • ブレーキパッドが摩耗インジケーターまで磨耗したり、ブレーキの効果が悪くなったりした場合は、早くに交換してください。 互換性のあるブレーキシューについてはカスタマーサービスまでお問い合わせください。

10. 定期テスト:

  • 清掃とメンテナンスが完了したら、自転車を安全な場所で短時間試乗してください。 ブレーキがスムーズにかかり、十分な制動力が得られることを確認してください。

11. 専門家のサポート:

  • リムブレーキのメンテナンスやクリーニングについて不明な点がある場合は、プロの自転車整備士に相談することをお勧めします。最適なパフォーマンスを得るためにブレーキを検査、調整、微調整できます。
ボックス内リムブレーキ Drive

完璧なブレーキ性能

  • リムブレーキのメンテナンスやクリーニングについて不明な点がある場合は、プロの自転車整備士に相談することをお勧めします。最適なパフォーマンスを得るためにブレーキを検査、調整、微調整できます。
  • エリートホイール リムブレーキ Drive および Marvel ホイールセット 溝付きのブレーキトラックを備えているため、濡れた状態でも簡単にブレーキをかけることができます。 高温樹脂により摂氏 250 度まで耐えられるため、長くて急な下り坂でのハードブレーキにも対応できます。