コンテンツにスキップ フッターへスキップ

新しいグラベルホイール: スチールスポーク付き G45 SS

より多くのサイクリストの需要に応じて、Elitewheelsは新しいグラベルホイールをリリースしました。 これは初めてスチールスポークを採用したDriveホイールです。 このホイールが特別になるところは、カーボンスポークモデルのメリットをほとんどが保持されていることです。

新しい墓ホイール

相違点

1.スポーク

スポークの違いでDrive G45 CSと区別しました。カーボンスポークを採用したDrive G4 CSの乗り心地と異なります。従来のスチールスポークと同じようにネジ切りされており、交換が簡単です。 Elitewheel は、交換をより簡単にするため、すべてのホイールにXNUMX本のスペアスポークを備えています。 グローバルサービスセンターネットワークが拡大するにつれ、これはかつてないほど簡単になりました。

Drive G45 SS はSapim CX-Rayというスチールスポークを使用しています。何度も証明されている高性能なスポークです、グラベルサイクリストに最適です。交換も簡単で、多く使用されています。

G45 SSとG4 CSは、前輪のスポーク数とスポークパターンが同じです。 GXNUMX SSの後輪はXNUMX 本追加のスポークがあり、カーボンスポークモデルと同様の剛性を持っています。

G45 SS スチールスポーク付き

2.重量

使用されているスポークが異なるため、重量も異なります。 登坂のパフォーマンスを重視するグラベルサイクリストは、カーボンスポークを備えたG45 CSを選択するのが最適です。ホイールが70グラム軽量化されたことにより、ロングライドや登坂にピッタリです。 スチールスポークバージョンも軽量化にされています。カーボンスポークバージョン次のレベルになっています。

G45 SS 重量

3.剛性

カーボンスポークがよく見過ごされている特徴のひとつは、ホイールの剛性を高めることができるということです。パワー伝達が良くなります、100ワットで走行でも1000ワットでスプリントしても、パワーロスが下がります。カーボンスポークのDrive G45 CSは、スチールスポークのDrive G7 SSと比べてXNUMX%硬くなります。
Drive G45 SSは追加のスポークがあります。 Drive G45 CSは横方向の剛性が高くなります。

Drive G45 SS 重量

 

共通点

高品質のカーボン: Drive G45 SSとDrive GXNUMX CS多くの共通点があります。 どちらも超軽量カーボングラベルホイールです。 どちらもUCIカーボンファイバーを使用しています。日本の東レカーボンファイバーを使用した Elitewheels のカスタムカーボンファイバープリプレグです。

Drive G45 SSの類似点

先端製造:両種Drive G45モデルは同じ先端製造技術を使用しています。 カスタムされたブラダーはリム中の隙間と余分な樹脂をなくし、優れた圧縮と強度を実現します。 これにより安全なグラベルホイールになります。

Drive G45 SS 高度な製造

品質管理: Elitewheel のすべての製品と同様に、両種のG45ホイールが製造中に厳格な品質管理を受けており、問題が見落とされることはありません。ライダーたちが合格されたグラベル用ホイールを安心に使用できます。

G45 SSの品質管理

厳格なテスト: Drive G45ホイールはUCIに認証されていますが、ホイール本当の性能と品質を実証するにはテストが十分ではないと考えています。 このため、私たちは強度、剛性、ハブとホイールの寿命、最大スポークテンション、タイヤの空気圧など十数回のテストを実施しました。

Drive G45 SS 厳しいテスト優れたパフォーマンス G45 SSとGXNUMX CSどちらも優れたパフォーマンスを持っています。 XNUMXmmのリムハイトとブレードスポークは、空気抵抗を有効に減らします。 また、他のグラベルホイールよりも軽くて硬いです。 ホイールの剛性が強くて、レースのために設計されています。

新しいグレイブ ホイール G45 SSプレミアムハブ: 混合セラミックベアリングを最大限に活用するために、Elitewheels は公差 5mm の 0.02 軸ファナック CNC マシンを使用してハブを設計および加工しています。 このエンジニアリングにより、完璧なフィット感が可能になり、転がり抵抗が軽減され、ベアリングの寿命が大幅に向上します。

新しいグレイブ ホイール G45 SS

コメントを書く